Toner sales

リサイクルトナーに関する体験談

私の会社は某会社のプリンターを使っています。トナーは5種類くらいあり、トナーには色ごとに英数字の記号のようなものが書かれています。トナーが切れたときはプリンターの画面にその記号のトナーが切れていますという指示がでてくるので、交換の際も非常にわかりやすくなっています。トナーはおそらく黒色が一番なくなりやすいですね。
トナーを交換するときの注意点としては新品のトナーをプリンターに挿入する際に軽く十回くらいトナー本体を振ってあげる必要があります。これはおそらくインクムラを無くすためであると思われます。その作業が終わった後は指定の位置に挿入するだけなので、交換作業としてはかなり楽です。私の会社では某会社との契約で使い切ったトナーを定期的に回収しにきてくれるような契約になっています。
これは非常に助かりますね。使いきったトナーはプリンターからひきぬいて、新品のトナーの箱に収納して、箱に「使用済み」とマジックなので記載しておけば回収しにきた人にもわかりますし、他の社員に対しても使用済みであることを伝えることができます。おそらく昔はトナーの自動回収システムはなかったと思いますが、このシステムは非常に助かります。

リサイクルトナーのメリットと注意点とは

現在プリンターをを使っている人の多くはいつもプリンターを使っていてかなりトナーが高いと感じているかと思います。でもそういう風に思っていても簡単にいまのトナーを変えようと思わないと思います。その理由は簡単でプリンターを購入した業者から正規品のトナー使うように言われているのでそれを使うしか…

TOP